2017 MotoGP第17戦マレーシアGP FP1-2総合結果

MotoGP第17戦マレーシアGPの
FP1-2結果をお伝えします。

以下、MotoGPクラスのFP1結果(公式サイトPDF)です。
FP2はウエットコンディションだったため、
本日の総合結果は下記表となります。
最下段に比較参考用に
セパン・インターナショナル・サーキットの
レコードを付記してあります。

20171027_MotoGP_rd17_fp1p_p1.jpg

少し注意していただきたいのは
MotoGP.comに掲載されているレコードは、
昨2016年に最終コーナーである
ターン15が逆バンクに改修
される前のタイムや記録です。
本来はコース改修後のレコードが
記載されてしかるべきですが、
昨2016年はFP4、Q1、Q2、そして決勝レース共に
ウエットコンディションだったので、
レコードタイムが記録されていない様なのです。
そこで拙ログではFP3までの最速ライダー
マーベリック・ビニャーレス選手のタイムを
比較参考用に記載しています。

20161031_motogp_rd17_turn15_Q2.jpg

上の図(クリックで拡大)はYou Tube上で公開されている、
ターン15のベストライン
(昨2016年時のモノ)
からのキャプチャ画像ですが、
コース幅ミドル付近から進入している
ホルヘ・ロレンソ選手のラインが
よりアウト側からアプローチしている
ドビツィオーソ選手よりも
イン側から立ち上がっているのが興味深いところです。
またオレンジラインのマルケス選手は
コーナリング中のため脱出ラインは
示されていませんが、
コーナー進入時は最もイン側のラインを
選択しているのがわかります。
マシンの特性やライディングの違いで、
ここまでラインが異なると言う好例のひとつですね。

以下、MotoGPクラスのFP2結果(公式サイトPDF)です。

20171027_MotoGP_rd17_fp2_p.jpg

ウエットコンディション下でランキング1-2位の
ドビツィオーソ選手とマルケス選手が
交互にタイムを更新しあうと言う、
素晴らしいセッションでした。
ウエットコンディション下ではこの2選手の
タイムがズバ抜けて良く、
3番手のロレンソ選手まで
1秒以上の差が有ります。

明日の予選が楽しみです。

Thanks garethharford :-)
Thanks MotoGP.com :-)

関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment