究極のツーリングバイクを考える 第10回・ニュートラルハンドリング

以前にも書いたことがあると記憶していますが、
HONDA VT250FKawasaki GPZ600Rbimota db1s
フロント16インチホイール&タイヤモデルばかりを
3台も続けて乗り継いでしまった自分は、
それ以降に乗ったどんなオンロードバイクに乗っても、
思い通りに曲がることが全くできなくなってしまいました。

20170807_db1s_16inch.jpg

クセの無いニュートラルなハンドリング……
と言う表現がありますが、
人にとってはむしろクセがあるとか、
クセが強いと言われる
フロント16インチホイール&タイヤに
あまりにも親しんでしまった自分にとっては、
むしろ16インチホイール&タイヤモデルの
ハンドリングの方が自然に感じられる
ようになってしまった
のだと思います。

そんな訳で特にdb1sから最初に17インチに
乗り換えることになった
07 DUCATI 851SP3
乗れてない感は半端ありませんでした。
この時は上手く乗れない違和感が
17インチホイール&タイヤのせい
(勿論それだけではないのですが……)
だと気付いていませんから、
なぜなんだろう、なぜなんだろうと思い悩み、
好きなバイクに乗るのが楽しくなくなって
来てしまうほどでした。

その頃つきあっていた
バイク乗りの先輩や友人、
バイクショップなどでも
フロント16インチホイール&タイヤは
選択できるタイヤが少なかったり、
良く言えばクイック、
悪く言えば敏感で
外乱に影響を受けやすいと
ネガばかりが強調されていました。
また自分自身も新たなトレンド
そしていまに至るまで標準となっている
17インチに大いに興味を惹かれていました。
17インチ車に乗り換えることで、
最新のハイグリップタイヤも履けます。
そのことが自分にとっては
新たなチャレンジになるし、
また同時にライディングの世界観を広げたり、
さらに上達出来ると考えていました。

ところが実際の17インチモデル車は
自分が抱いていたフィーリングや
イメージとは全く異なり
あまりにも思うように走れないので、
憧れのDUCATIを売却し
1992年型YAMAHA TZR250R SP
1995年型HONDA NSR250R SPに乗り換えて、
サーキットで自分のライディングを
ゼロから見直すことにしたほどです。
2ストロークレプリカに乗り換え、
先輩や友人達から良いアドバイスを受け
ミニコースを走りこみました。
そうして何とか
なんとかドヘタな状態から
普通に乗れる程度には
上達したように思うのですが、
それでも自分のイメージするライディングとの
距離感は開いたままでした。

そんな時に出会ったのがHONDA HORNET(250)でした。
久しぶりに思い描く状態に近い
コーナリングが
再びできるようになって
楽しくて楽しくてたまりませんでした。
TZRからNSRに乗り換えた時も
トルク&パワー感はNSRの方があるのに
ハンドリングの違いに悩み、
(例えばフロントフォークひとつ取っても
TZRは倒立、NSRは正立でした)
その頃メインで走っていたミニコースでは
TZRで記録したタイムを
NSRではどうしても
更新することができませんでした。

それは勿論自分の腕が
無いせいでもあるのですが、
フロント16インチのHORNET(250)に
乗り換えた途端、
TZRのタイムにこそ届かないものの、
NSRのタイムはアッサリ抜くことができたほどです。
この件、まわりの友達はみんな不思議そうでした。
こと、ここに至ってようやく、
ハンドリングが自然で乗りやすいと
自分が思うバイクが全て、
フロント16インチモデルであることに
ようやく気づいた訳です。

HORNET以降に乗り換えたバイクは……、

KAWASAKI ZX-9R
YAMAHA LANZA
Buell X1
KAWASAKI D-TRACKER
KAWASAKI ZRX1200R
HONDA CB400SF
DUCATI MULTISTRADA620
BMW F800S

……と続きますが、サーキットでの
スポーツ走行こそ続けてはいたものの、
自分の興味が"走り"から"ツーリング"へ
移行して来たことや、
いい加減フロント17インチモデルにも
慣れて来たのか、
思い通りに走れない感が
完全に無くなりはしませんでしたが、
それほど気にならなくはなって来ました。

そんな時にBMW F800Sでモライ事故に遭遇し、
仕方なくBMW R1200Rを
借りることになったのです。

長くなったので次回に続きます。

Thanks My Motorcycles :-)

関連記事
スポンサーサイト

2 Comments

r1200r_90th  

RnineTとVⅡstoneに試乗して決めきれず、R1200Rの現行が出る前にテレレバーに乗ってみたくて、新幹線乗り継いで仙台まで行って90thに試乗。
これだ!と確信したわけでもなく、これかな?という消去法的な感じで決めて約3年乗せられてます。
R90とか80GSとか憧れますが、、、旧型アフリカツインが気になってる最近です。

2017/08/08 (Tue) 12:47 | REPLY |   

迷走  

かなりな金額を支出して
自分の相棒を選択するのに、
短時間の試乗では容易に結論を
出すことが出来ないのは、
むしろ当然出会うように思います。
私がR1200R OHCの購入を決められたのは、
レンタルバイクを無料で
しかも丸2日間にも渡って
使うことが出来たからです。

例え消去法の結果であるとはいえ
3年間にも渡ってR1200R DOHCを
乗り続けられているのは
羨ましい限りです。

R90、80GS、旧型アフリカツイン……
どのバイクも楽しそうですし、
バイク選びの悩みは尽きませんね。
私の友人のR80乗りはクラウザーを手放して
R1200R DOHCを購入しました。

2017/08/11 (Fri) 00:25 | EDIT | REPLY |   

Post a comment