2017 鈴鹿8時間耐久レース・上位リザルト

HONDA、SUZUKI、Kawasakiも万を持して
2017年モデルを投入してきましたが、
YAMAHA FACTORY RACINGが
見事3連覇を遂げました。

20170731_IMG_6699.jpg
Congrats YZF R-1 & # 21 YAMAHA FACTORY RACING TEAM :-)

以下、上位陣の結果です。

20170731_IMG_6658.jpg

さらにアレックス・ロウズ選手は決勝レース中に、
清成 龍一選手(Honda CBR1000RR・BS)が
2012年7月29日(日)に記録した
レコードタイム02分07秒943を更新しています。
(このエントリを記入している時点で、
鈴鹿サーキット公式サイトのレコードタイムが
書き換えられていないためタイムは未掲載)


You Tube>【2017 鈴鹿8耐】ヤマハファクトリーが3連覇達成(YAMAHA wins 3rd consecutive Suzuka 8hours title)

2017 鈴鹿8時間耐久レースリザルト(Autosportsweb)

勝つレースをかつべくして勝つと言うのも、
非常な困難を伴う挑戦です。
それを成し遂げた中須賀克行選手、
アレックス・ロウズ選手、
マイケル・ファン・デル・マーク選手の3選手と
YAMAHA FACTORY RACINGに賛辞を惜しみません。

Thanks BS12 トゥエルビ :-)
Thanks 鈴鹿サーキット :-)
Thanks Autosportsweb :-)
関連記事
スポンサーサイト

4 Comments

Ken  

大昔、(少し誇張してます。)初めて200周を超えてから、コースにシケインができたりしたりしたのに。今は216周ですか。それにホンダのお膝元でのヤマハの三連覇。時代は変わったものですね。

2017/08/01 (Tue) 20:51 | REPLY |   

hassy  

今年も強かったですね。
やはり勝因は、ノーミス・ノートラブルではないでしょうか?。
優勝する為には当然の条件なのですが、それが如何に難しいのか、他のチームを見ればよく分かりますよね。
更に3連覇というプレッシャーも相当あったと思いますが、全くそれを感じさせない3人の素晴らしい走りでした。
スタート直後は雨が降り、どうなるか気になっていたのですが、何とかドライコンディションで終われましたね。
毎年の事ながら、全選手・チームスタッフの皆さん、お疲れ様でした。

2017/08/01 (Tue) 23:20 | REPLY |   

TAKA  

前号(?)のRACERSでヨシムラのマシンが取り上げられていて、
GSX-RのSBK/BSB/JSBでの違いや、8耐マシンの製作話などを
読んでいたので、今年はヨシムラにも期待してたんですが・・・
今年の上位チームは219周が目標だってようですが、来年に持ち越しですね。

2017/08/02 (Wed) 17:14 | REPLY |   

迷走  

>kenさん

たしかフレディー・スペンサー選手が初来日して
初めて鈴鹿を500㏄マシンで走った時、
当時のレコードタイムが2分19秒台だった記憶あるんです。
それでも当時としては現在の5秒台くらいなインパクトでした。
まだシケイン無かったかもです。
そう考えるとタイヤや各種マテリアル、
マシンやライディングの進歩って
凄まじいものがありますね。



>hassyさん

今年は練習走行を見に行ったせいか、
例年以上に8耐のドラマをヒシヒシと感じました。
鈴鹿サーキットホテルのクリーニングルームでは
スタッフウェアの洗濯?をしていたり、
夜間走行練習での3度もの赤旗中断、
決勝レースだけでは無い
各チームの見えない努力や苦労に
頭の下がる思いかつ胸熱です。



>TAKAさん

ヨシムラの序盤転倒は本当に残念でした。
老舗で優勝経験あってもゴールするまで
何があるかわからないのがレースであり、
鈴鹿8時間耐久レースは歴史的に
さらにその感が強いですね。

今年は私は好きな選手が集っていることもあり、
MORIWAKI推しでした。
トップテントライアルでの5秒台突入と
219周は来年のお楽しみ要素として
とっておきましょう。

2017/08/02 (Wed) 21:36 | EDIT | REPLY |   

Post a comment