MotoGP Engine Configurations Comparison

先日、バイクの音を楽しむ名車図鑑を紹介しましたが、
今回はそのMotoGPマシン版です。


You Tube>MotoGP Engine Configurations Comparison

MotoGPクラスのマシンのエンジン型式は
並列4気筒にV4、L4とこの3種類しかありません。
もてぎのパドックを歩いている時、
エンジンに火が入りこうしたアイドリング音が響いてくると、
その途端に心揺さぶられます。

Thanks MotoGP.com :-)

関連記事
スポンサーサイト

2 Comments

hassy  

これはとても興味深いです。
例えば、同じ型式エンジンでも、ヤマハよりスズキの方が少し高音?のような印象を受けましたし、ドゥカティ機のバリバリ?、という感じのサウンドはL4独特のものですよね。
このエンジンとエンジン音は、MotoGPの世界でも、数少ない各メーカーの個性をアピール出来るものだと思いますから、これからも大切にしてもらいたいと思います。

2017/04/14 (Fri) 22:55 | REPLY |   

迷走  

同じエンジン型式でもこんなにも違うのか……と
あらためて思いますよね。
昔、某メーカーが他社同型式エンジンと
同じような音を出せるかトライしてみたところ、
全く上手く行かなかったと聞いています。
もちろん同排気量エンジンでも
ピストン径やバルブ径、
インテークポートの形状も異なれば
むしろ当然なのかもしれません。
カウルを纏ってしまうと見えないエンジン型式ですが、
音に関しては各社のマシン共、
明確に個性を主張してますね。


2017/04/16 (Sun) 23:47 | EDIT | REPLY |   

Post a comment