BMW C evolution の車重

発売を楽しみにしていた
BMWの電動スクーターC evolutionが、
ついに日本国内でも2017年05月21日から
発売開始となります。

bmw-c-evolution-images-22.jpg

バイク好きなら誰でも気になるのは、
まずは価格とスペック(BMW公式サイトへ)かもしれません。
自分もそうだからです。

トコロが、検索して辿りつく記事
そのすべてがほとんど判を押したように
全く同じ内容なのに呆れてしまいました。

それらの記事全てに車重の記載が無いのです。

バイク乗りならトルク&パワーと
車重の3点セットで知りたいはずです。
勿論、BMW Motorradのテクニカルデータ上には
空車重量、走行可能状態、燃料満タン時275 kgと、
車重の記載があります。

仮にも2輪の新型海外製電動スクーター
その発売をニュースにするなら、
重いとわかっているバッテリーを搭載した際の
車重も同時に明記すべきだと思うのです。

自分の場合は何につけ、
ネガティブな情報こそ知りたいと思うのです。
それでも、それを乗り越えた魅力や、
必要性に迫られて、
あえてネガティブ要素のあるモデルを
選択するのはおおいに有りだからです。
ですが、今回のことがそうだと言う
訳ではありませんが、
ネガティブな情報を伝えないことで
そのモデルに良い印象を持てるはずもなく、
逆に信頼を失うことにしかならないように思うのです。

BMWが満を持して発売する電動スクーター
C evolution、
その発売記事を読んでそんなことを
考えてしまいました。

Thanks BMW Blog :-)

関連記事
スポンサーサイト

2 Comments

Ken  

私には、わからないのですが。
空車重量、走行可能状態、燃料満タン時275 kgって。
エンジンがないのに燃料満タン時の意味がわからないです。
もし、迷走さんが指摘されているように、空車重量がバッテリーを含まないとしたら。バッテリーを積んだら、昔の軽自動車に迫るぐらいの重さになるかもしれませんね。それと、性能・燃費欄も空欄ですよね。せめて、フル充電で何キロまで走行可能ぐらいは。
信用はできませんが、ひとつの目安にはできますよね。

私のなかで、日本のメーカーが出してほしいのは、前後車輪にインナーモーター搭載してもらえたら、走りが変わって面白いかもって思います。(走りにくいかもしれませんが。)そうすればかなりインパクトがあって買いたい人が増えるかも。

2017/04/04 (Tue) 05:53 | REPLY |   

迷走  

空車重量、走行可能状態、燃料満タン時の記載は、
まだ電動バイクが少ないゆえの
定型に沿った記載で仕方ないのかもしれません。
たぶんバッテリー重量を含んだ数字だとは思うのですが……。

私が悲しいのはモータージャーナリストの
肩書のある方達が、
ちょっとした問い合わせや
何の調査もせずに
ただメーカーからの広報資料を
コピペで流すその姿勢なのです。

2017/04/06 (Thu) 04:33 | EDIT | REPLY |   

Post a comment