2013 MotoGPシート 予想と正解

いよいよ明日、いえもう今日から2013年型マシンでのテストがバレンシアのリカルド・トルモで始まります。その前に2013シーズンのMotoGPマシンのシートを確認しておきましょう。

2012MotoGP_sheet_motogp_original.jpg

まずこちらは今年の6月に2013 来季MotoGPシート勝手に大予想で自分が展開したリストです。ライダー名が白、背景が赤の部分はすでにこの時点で契約が決定していた選手です。

2013MotoGP_TeamRider1.jpg

以前のエントリーで予告した通り、正解(下図)と比較してみると、まぁ見事にほとんど当たっていません。ですが、こうした噂を元にした予想をする事自体が楽しいので、許してくださいませ。

2013MotoGP_seet.jpg

ところで明日、ヴァレンティーノ・ロッシ選手が久々にM1を駆り、マルケス選手がRCVに跨り、スピース選手やドビツィオーソ選手、イアンノーネ選手等がDUCATIを走らせます。昨年2011年の最終戦後に行われたテストでは、マシンが800㏄から1000㏄に変更されたこともあり、多くの選手が自らの予選タイムを上回るタイムを記録して来ました。今年は排気量は変わらないままの来季型ニューマシンで、選手たちはテストに望みます。誰がどのようなタイムで初日テストのトップを飾るのでしょうか。

bike-go_fun_original.jpg

はやくも来シーズンに向けてのスタート、ワクワクしながら見守りたいと思います。写真はメインスポンサーがサンカルロではなくGO&FUN(エナジードリンクメーカー、日本では現状未発売)になったグレシーニチームのマシンです。


You Tube>Il bianco è tornato per "Super Sic 58" Marco Simoncelli

Thanks MotoGP.com :-)
Grazie SUN CARLO :-)

関連記事
スポンサーサイト

2 Comments

kumpei  

移籍などの予想でもファンを楽しませてくれるのがプロスポーツの醍醐味かと。

一覧表として来季のチーム体制を拝見すると、DUCATIは2チームともアメリカ人+イタリア人ですね。

やはりHONDA、YAMAHAワークスが抜きん出た印象。
自分としては、ロッシがYAMAHAに戻ってワークスにふさわしい位置を走ると予想しますが、迷走さんはどのようにお考えでしょうか。

2012/11/14 (Wed) 00:53 | REPLY |   

迷走  

DUCATIは北米の売り上げを無視できないので、
アメリカ人選手は外せないのでしょうね。

ヴァレンティーノ・ロッシ選手のテスト用ヘルメットの後ろに、
元執行役員MC事業本部技術統括部長古澤政生氏の奥様の手による書、
"感動"が大きく入れられています。

このヘルメット、当然俄かに製作したものではなく、
前から準備されていた様に思います。
プレチオージ氏とロッシ選手の関係が
どの様なもので有ったかは推察の域を出ませんが、
この一件からもロッシ選手と古澤氏の信頼関係を
観てとれる気がします。

そうした人間関係をロッシ選手が現YAMAHAファクトリーチームと
築き上げる事が出来れば、
間違いなくファクトリーチームで本来の
彼らしいライディングを披露してくれると信じています。

2012/11/14 (Wed) 01:07 | EDIT | REPLY |   

Post a comment