category: 次期購入MCを考える  1/6

究極のツーリングバイクを考える 第15回・BMW R1200R DOHC納車

まるでBMWのロゴマークそのもののような、抜けるような碧い空に白い雲がポッカリ浮かび刺すような真夏の日差しが照り注ぐ中、汗ダクになりながらバイクを受け取りに販売店へと向かいました。...

  •  8
  •  0

究極のツーリングバイクを考える 第14回・ミッション999,900円以下でバイクを探せ

拙ログ読者の方はDUCATI MONSTER 696を999,900円で売却したことを憶えていらっしゃるかもしれません。この価格設定はホルヘ君ファンである自分のある種ジョークのようなところもありました。トコロがあるトコロにはあるんですね。こんな価格で販売されているモデルが……。...

  •  0
  •  0

究極のツーリングバイクを考える 第13回・夢のマシンBMW HP2 SPORTS

もし手元に潤沢な資金があり、大切なバイクを安心して停めておけるガレージを所有していたら、どんなバイクを手に入れますか。自分の場合はコレBMW HP2 SPORTSです。...

  •  6
  •  0

究極のツーリングバイクを考える 第12回・BMWのテレレバーサスペンション

テレレバーと言う言葉を聞いたことがあっても、それがどんな構造のどんなサスペンションであるか知っている人はBMWオーナー以外では少ないのではないでしょうか。...

  •  4
  •  0

究極のツーリングバイクを考える 第11回・フロントフォークの違い 正立 vs 倒立

前回はフロントホイール径の好みについて書きました。ホイール径と同様にもうひとつ大きく好き嫌いが別れるパーツがあります。フロントサスペンションです。...

  •  2
  •  0

究極のツーリングバイクを考える 第10回・ニュートラルハンドリング

以前にも書いたことがあると記憶していますが、HONDA VT250F、Kawasaki GPZ600R、bimota db1sとフロント16インチホイール&タイヤモデルばかりを3台も続けて乗り継いでしまった自分は、それ以降に乗ったどんなオンロードバイクに乗っても、思い通りに曲がることが全くできなくなってしまいました。...

  •  2
  •  0

究極のツーリングバイクを考える 第09回・理想のコーナリング(マシン)

極限のバンク角、ヒザどころかヒジまで路面に接触してしまう果敢なライディングフォームでコンマ001秒でも速く走ることを目指すMotoGPライダーと自分達はまるで違います。それでは公道で目指す理想のコーナリングとはいったいどんなものなのでしょう。...

  •  3
  •  0